灯籠流し

2009.08.20 Thursday 00:55
0
    正式には、精霊送り「川せがき灯ろう流し法会」というそうですが、とうろう流しに行ってきました。
    本町通りでは灯籠を受け付けるお坊さん達がいます。
    うちはあらかじめ住職をしている伯父のところにお願いしてありました。
    灯籠が流れはじめると、お経が始まります。禅宗のお経なのか、シンバルや太鼓が入っていました。お経が始まるといっぺんに厳かでミステリアスな雰囲気になります。

    お経

    初めて灯籠流しにいったと思っていたのですが、たぶん小さい頃に来たことあるような気がします。でも、もっと子供やお年寄りがたくさんいるイメージがあったんだけど、昔とかなりムードが違ってました。外国人がやたら多いです。考えてみたら、外国人にとってはきっと興味深いでしょうね。

    宮川上流側

    川の端にちょうちんの門が立っていて、そこから灯籠がながされています。
    ゆらゆらと流れる灯りとお経の響きが幻想的。

    止まっていた灯籠

    途中でたおれて消える物、ゆっくり流れる物、勢いよく水に潜るもの。中州に引っかかって止まっているのもあります。ああ、帰って行くねぇ・・・。

    子供達は退屈しないかなと思ったけど、「とうろうってきれいやな」「ろうそくが消えたら天国に戻るの?」「あのなかに弟か妹がおるの?」と色々興味深く聞いてくれました。それなりに楽しんでいて、すごいなあと思ったよ。

    宮川下流側
    お盆に帰ってきたご先祖様や亡くなった人たちは、ゆっくりとあの世の世界へ戻って行ったようです。
    帰り道、袈裟を着たお坊さんだらけです。知り合いのお坊さんに声をかけられました。いつも自転車に乗って、ヘルメットかぶって、ジャージ着てる人が袈裟姿です。凛々しいですねぇ。子供達も「禅の集い」合宿でこの夏お世話になったので、すっかりお馴染みです。
    category:イベント | by:katsukocomments(0)trackbacks(0)

    大雨警報の花火大会とは・・

    2009.07.29 Wednesday 23:15
    0
      うっとうしい雨が続きます。相変わらずボランティアチックな内職を続ける日々のワタシです。子供がいる夏休みは何かと仕事が進まず、時にはひそかにピンチを迎えることもしばしば・・・。せめて雨だけでもあがって欲しいものです。洗濯物、かわかねー。

      今日の市内の花火大会、見事に雨です。毎年母の実家のお寺の鐘突堂が高台なので、絶好の見物場としてにぎわっているのですが、今年は勝手が違いました。
      子供達のダンス発表がショッピングセンター屋上であるというので、とにかく行かねばなりませんでした。連絡とかしてくれるようなダンススタジオではないし、いつも天候にお構いなく集合がかけられる訳で、行ってみれば収まっていた雨もいよいよ大降りに突入・・・汗。
      館内放送は「警報が発令されたため花火大会は中止となりました」とのこと。会場から「えええええええ〜?!」の声が上がる中、「なお、屋上の夏祭りは開催しておりますので・・・」と続きます。

      bee

      うそ・・・やるの?イベントテントはお店や機材のみ。お客はすべて露天です。そのひとことで、発表会も開催されることになり、みんなびしょ濡れで踊りました。

      もちろん父兄も帰る訳にいかず、傘さして見物。イベント自体は雨のおかげでよけい盛り上がったかもしれません。雨の中踊るのって、実は気持ちいいんじゃないかな。私もライブが雨だとハイになるもんね。

      bee

      それはいいけれど、何も用意してなかった我が家は、かなりの金欠にもかかわらず、子供の着替えと靴を購入することに。きびしー。お腹空かせ、ずぶぬれの家族は終わった途端に不機嫌で、自分も不快なのになだめる私は何者状態。せっかく良いことやった後なんだから、全員もっとすがすがしいかおしろーいいいい!!!

      一杯

      ・・・とストレスをぶちまけつつ一人で一杯飲むのは楽しい・・汗。
      その後、実家で夕食をいただき、久しぶりにちょっと語って、子供が眠くなったので、わりと早く帰ってきました。みんなもう寝ちゃったし〜。
      category:イベント | by:katsukocomments(0)trackbacks(0)

      宇津江四十八滝

      2009.04.29 Wednesday 23:37
      0
        やすらぎゾーン
        森のムッレがらみで、下見を兼ねてママ友達とたくさんの子ども達とあつまり、宇津江四十八滝へ遊びに行くことになりました。温泉しぶきの湯から出発して、新しくできたやすらぎゾーンを登ります。公園まではかなりの距離。カラマツ林が良い感じです。
        滝
        まずは到着した滝登り口手前の公園で、ひとしきり遊びお弁当。その後滝の方へ登りました。ここもかなりの山道でしたが、美しい川と滝のある風景に助けられ、子ども達も力強く登ってくれたのでした。自然の風景を堪能した後、苦労して登った頂上に待っていたのは、造成された芝生とベンチのある立派な公園でした。ちょっと興ざめな気がするのは私だけ?だって歩いてしか行けないはずのその場所には、以前いくつもの工事のための重機が入っていたってことです。確かに頂上付近は崩れたりしたってのは聞いていたけれど、もう少しナチュラルな状態にして欲しかったような・・・悲しい

        頂上の川
        まあそんなことは子どもには関係ないようで、さっそく川には行って遊んでいました。着替えは1セットしかないし・・・靴は換えがないし。靴は脱いで、遊んでもらったけど、かなり冷たかったです。公園でも水遊びしたのに、あれだけ歩いてよくもまた遊ぶパワーがあるものです。小さなサンショウウオがいるので、みんな見つけようと必死。中にはびしょ濡れのズボンや靴で山を下りた子もいました。

        サンショウウオ
        飛騨サンショウウオっていうのかな。大きくならないらしいです。
        宿題があって、ここの地図とレポートをつくること。・・やる時間が・・・汗。
        category:イベント | by:katsukocomments(0)trackbacks(0)

        Calender
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << June 2019 >>
        twitter
        Selected entry
        Category
        Archives
        Recent comment
        Recommend
        Link
        Profile
        Search
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM